sqaleでCNAMEレコードの設定をする - はじめてのWordpress

CNAMEの設定

wordpress 案件でサーバに Sqale (スケール) を使うことになり、この設定は難しくなかったのですが、今回初めてCNAME レコードなるものを触ることになりました。
今までこういうことは別の人に任せていたので苦手感満載です。なので、同じような境遇の方に向けて、アプリケーション作成からCNAMEレコード作成までをまとめてみます。

Sqaleで新しいアプリケーションを作成

今回、サーバは Sqale でドメイン管理はお名前.comでした。
それを踏まえて、まずはサーバ側の設定から。Sqale でのアプリケーションの作成は簡単で、アプリケーションの作成からアプリケーション名とアプリケーションタイプを選択するだけです。

新規アプリケーションの作成

アプリケーション名は任意で、アプリケーションタイプは Wordpress の場合はPHPを選択し、作成すると詳細が表示されます。

作成したアプリケーションの詳細

Sqaleに利用したい独自ドメインを設定する

アプリケーションを作成したので、次はこのアプリケーションで利用したいドメインを設定します。今回は、test.mdesign-works.comのドメインを設定することにし、入力欄に記載して登録します。

独自ドメインの登録

登録完了後、独自ドメイン管理のタブを選択すると、先ほど入力したドメインが登録されているのを確認できます。

独自ドメイン管理

で、ここからが本題。独自ドメインでアプリケーションを表示させるには、CNAMEレコードなるものをドメイン側で作成して設定しなければいけません。

CNAMEレコードってなんだ??

聞いたことはあるけど、特に設定する機会がなかった(人任せにしてきた)ので、CNAMEレコード自体をあまり理解していませんでした。せっかくの機会なので調べてみると

CNAMEレコードは別名を定義するレコードです。 特定のホスト(FQDN)を別のホスト(FQDN)に転送する時などに利用します。
よくある質問 - お名前ドットコム

Scale で生成されたアプリケーション URL に独自ドメインを別名として登録して、独自ドメインがアクセスされるとアプリケーション URL の内容が呼び出されるということだと理解した。

お名前ドットコムでCNAMEレコードを追加する

お名前ドットコムにログイン後、「ドメイン設定 > 左メニューのDNS関連機能設定」へ進み、任意のドメインを選択し、「DNSレコード設定を利用する」の設定ボタンをクリックします。

DNSレコード設定を利用

設定画面を開き、「入力」項目の入力欄からレコードを作成します。

ホスト名に表示させたいドメインを入力するのですが、すでにドメイン部分は表示されているので、サブドメインにtestを入力します。
VALUE には Sqale でドメイン登録した際に取得した CNAME レコードに設定する参照先の内容を入力します。

CNAMEレコードを入力

入力後はページ下の確認画面に進むボタンから設定内容の確認を行い、変更を確定させれば完了です。反映までは数時間程時間が必要になるので、それまで気長にお待ちください。

関連記事