AndroidはiPhoneよりダサい!? 最近のAndroidは結構良いですよ。

Google Nexus6
Nexus6公式サイトより

先日、ネットニュースを見ていると、以下の記事が。

女子高生「80%がiPhone(Android恥ずかしい疑惑も)、Facebookではなくインスタ」原宿の女子高生100人に聞いてわかったスマホとアプリ3つの真実

これによると、女子高生の80%くらいはiPhoneを使っているらしい。さすがの iPhone 人気です。一種のステータスですね。

で、自分はと言うと、10 年以上前から Apple ユーザーです。12 年前に初めて iMac を購入し、iBook からモデルチェンジした Macbook ( 2006年くらいだったと思う。)、iMac、Macbook Pro と使い続けてきました。時間が経つのは早いものです。

スマホに関しても iPhone3G → 4 → 5、iPad は初代 iPad → iPad2 と Apple 一筋だったわけです。こうやって見ると、つくづく Apple 信者だったと実感しますが、最近は Apple への魅力が薄れており、Android に乗り換えることにしました。

初めての Android 端末は Nexus6

iPhone6 が話題となった昨年9月、5s と比べて率直に思ったことが

画面でかくなっただけで、スペック変わってないんじゃないの!?

性能の伸びが小幅だったiPhone6/6 Plus。次世代機はどうなる?|Mac

でのCPUのベンチマークを見ると、iPhone5と6の比較では格段に性能が上がっていますが、5s と 6 の比較では微増です。そのため、スペック面での驚きが少なかったのと、いつものワクワク感を抱くことができず、しばらく買い替えの決断を放置していました。

Nexus6 に一目惚れ!

そんな最中、Nexus6 が昨年末に発売されました。初見での第一印象は、

かっこよいぞ!!

Google はデザインガイドラインとして Material Design を公表し、Android の新 OS であるロリポップに採用。Nexus6 にはそのロリポップが搭載されていて個人的にはそれだけでも興味津々です。しかもモトローラ製なんですよ!!(Nexus5 は LG 製なのと画面が小さいのでパス)

スペックは iPhone6 と同等、いや、それ以上です。iPhone6 の A8 チップは 1.4GHz の 2 コア、Nexu6 は 2.7GHz のクアッドコアで格段に優れています。重さは iPhone6Plus より12g 重い 184g ですが、6Plus に比べて幅が 5mm ほど大きいのを考慮すると当然です。端末デザインは個人の好き嫌いがあると思いますが、滑らかな形状は完全に自分のツボでした。

で、Apple 信者(自称)だからといって、使ったことがない Android を拒絶したり、iPhone の方が良いと決めつけるのは早計だと判断し Google ストアで購入したのです。

Google サービスを使っている人は快適なはず

Google ストアで購入すると、5日後くらいでシンガポールから商品が届きました。

nexus6のパッケージ

写真の端末が押収された証拠品みたいになってしまってますが、大きさを比較すると結構違いますね。(左がnexus6、右がiPhone5)

iPhone5 vs nexus6

使いにくい、もっさい、iOS と雲泥の差など、あまり良い噂を聞いていなかった Android だったので完全にナメてましたが、想像以上の使いやすさにびっくりしました。

アカウント1つで自動同期

最初のログイン時に Google アカウントを求められるので、その入力さえ通過すれば、iPhone でいう iCloud のようにすぐにデータを同期してくれます。

普段から Google 系のサービスをゴリゴリに使っている人は、これだけで導入までのハードルがかなり下がります。ただ、全てのデータが Google にあるので、2段階認証のセキュリティは必須で。

連絡先もすぐに移行できる

Google コンタクトを使って iPhone からすぐに移行できました。移行方法もちょっとググれば、解決方法に出会うことも難しくありません。

参考: iPhoneからAndroidへの乗り替えはやってみると意外と簡単

UI の違いもそこまで感じない

iPhone vs Android

左が iOS、右が Android(lolipop) です。どちらも同じようにアプリアイコンがあり、複数のアイコンをまとめてフォルダ化できます。なので、操作で迷うことも全然ないです。

google analytics

一例としてアナリティクスアプリを見ると項目の名称と配色に差異がある程度。

Android 設定メニュー

設定画面の表示です。iOS のようにアイコンごとに色分けされていませんが、とてもシンプルでわかりやすいです。

細かいところまで見れば違う点も多々ありますが、どちらも共通して言えるのは直感的に操作できるように設計されていること。

操作がわかりやすい、使いやすいというのは、すでに iOS だけの売りではないです。実際 iPhone から Nexus6 に移行して操作に慣れるまでに、そこまで時間がかかりませんでした。

Android もよくなっている。もうダサくない。

最近の Android は iOS と比べても全く遜色ない性能になっています。Android4.4(KitKat) あたりからは安定性も向上し、Android5.0(Lolipop) ではそれが洗練されています。

どうも Android2.3 辺りの悪い評判が残っているせいか、現在の使いやすさが浸透していない気がします。加えて、デバイス自体のデザインも進化していて、iPhone のようにスタイリッシュな端末もかなり増えてきました。例えば、以下の端末は結構おしゃれですよ。

zenphone2

ASUS の zenphone2 です。iPhone みたいな端末の魅せ方してますね。

xpeiraz4

角ばった感ありますが、xperia シリーズは安定した人気があります。防水なのもポイント高い要因。


そんな訳で、初めて Apple 以外に浮気した私ですが、浮気してみてよかったです。iPhone5 はもはや仕事でしか使わないテスト機となってしまいました。

正直ここ数年の Apple には辟易していて、特にバグだらけな iOS、macOS(特に yosemite)のアップデートにはうんざりしました。ただ、Apple のサイトを見ると完成された製品の美しさの伝え方と欲しいと思わせる魅せ方は変わらず健在だなと感じさせられます。

そして私は今、さらなる脱 Apple 化のために ChromeBook PixelSurface3 のどちらを買うかで悩んでおります。どちらも Apple にひけを取らないデザイン性の高いデバイスだと思いますね。

関連記事