【追記あり】スマートウォッチはこれでしょ。やっと日本で発売されたWithings Activite Popを購入。

Withings Activite Pop
Withingsより

昨夜、Twitter で「スマホと連携するアナログ腕時計 Withings Activite Pop 発売」が目に入り、眠気が吹きとび早速購入しました。

Withings Activite Pop(ウィジングズ・アクティビテ・ポップ)は、フランスの Withings のプロダクトで、すでに発売されている Withings Activite をポップにしたもの。Activite は高級感のあるがっちりとした見た目で、Activite Pop はおしゃれさ重視という感じ。

自分は頼まれていた分を含めた 2 本、Shark Grey (黒)と Elegant Sand (アイボリーに近い色)を買いました。昨日の段階では、Amazon から販売されている Shark Grey は13本残っていたのに 14 時時点では在庫はないみたい。結構売れているようです。

とにかく開けてみよう

ケース

ケースにもこだわりがありそうです。2つ並ぶとどちらもかっこよく見える。

ケース

購入した2つの中からShark Greyを選び、本体を取り出します。(やや取り出しにくい。)時計が巻きつけられた白い箱の中にはピンが入っており、これは初期設定で使います。

何も設定していないけど、我慢できずに装着してみました。

装着イメージ

手の質感は置いといて、普段使いに十分使えるデザインです。

アナログな健康管理に特化したスマートウォッチ

Activite Pop は見ての通り、アナログ文字盤です。Apple Watch はデジタル文字盤で、Android Wear はアナログもデジタルもどちらもある。これらは、スマホと連動して Wi-Fi 接続したり、メッセージやリマインダー、着信を知らせてくれるといった機能がありますが、Activite Pop はそんなことしません。他の機能には目もくれず、健康管理にだけに特化した硬派っぷりです。

歩数・ランニング・水泳距離・睡眠時間などを記録して Bluetooth でスマホと同期し、アプリでそれらを管理します。

スマートウォッチと同期

同期が始まると、スマートウォッチに蓄積した情報がアプリ内に反映されます。

初期設定も楽チン

iPhone でも Android でも、Withings のアプリをインストールすることが必要になりますが、簡単に Activite Pop を登録できます。 アプリ内のマイデバイスから追加(+)ボタンをタップし、Withings のプロダクト一覧から Activite Pop を選びます。Bluetooth を ON にしておくことをお忘れなく。

リセット

最初はスマホと連動させる必要があるので、Activite Pop の背面のリセットボタンを 5 回押します。その際に、先ほどの白い箱に入っていたピンを使うので、箱をしまったり、すぐに処分しないように。

設定

後は、分針や時針を合わせるなど、画面の指示に従って進めるだけです。時計の針を合わせる時、スマホの操作に連動して時計の針が動きます。(個人的にはこれはすごい気がした。)

スマホの画面上にも付属の説明書にも、この手順はイラスト付きで記載されているので、初期設定に戸惑うことはあまりないと思います。

睡眠時につけててもよし

時計のガラス面を2回タップするか、アプリを使うことでアラームを設定してくれます。設定した時間になると時計が振動し、心地よく起こしてくれるみたいです。微弱な振動程度で起きられるか心配ですが、睡眠状態を検知するので、寝ている時もつけたままで大丈夫。

電池交換なので充電しないでよし

他のスマートウォッチと違って充電ということができません。8ヶ月程度持つボタン電池で動いており、電池なくなったら自分で交換できます。その時も先ほど使ったピンを使うので、箱いらないからとすぐに処分しないように。(2回目)

Apple Watch みたいに毎日充電が必要とかなら、利用頻度が減って充電器に置いたまま存在自体を忘れてしまいそうなのですが、これなら安心です。

防水なので水深50mまで行ってよし

そんな深いところに行く機会ないですが、防水は嬉しい機能です。これだったら、風呂もジムのプールも行ける。ジムによっては、スマートウォッチだろうがなんだろうが、装着物有りでプールに入れない場合があるので、そこの確認は必要ですね。

シンプルだから使い続けられる

とまあ、日本で発売されることを心待ちにしていたのですが、やっと入手できた人生初のスマートウォッチを私なりにレポートしました。

買っていない製品をあれこれ言うのはイヤですが、Apple Watch には全く心動かされず、ごつごつし過ぎでダサいとまで思っておりました。自分の周りは Mac ユーザーが多いにも関わらず、ほとんどつけている人見たことない。

GPS や Wi-Fi、Bluetooth までついた多機能だけど毎日充電必要なモデルと、機能はシンプルに活動記録のみだけど8ヶ月間(電池交換すればもっと長い期間)常に身に着けていられるもの、どちらを選ぶのか。自分は迷うことなく Activite Pop を選びましたけどね。

Activite Pop のシリコンバンドは取り替えが簡単に出来るように作られており、オレンジ、プラム、ティールグリーの3色バンドセットが今秋発売されるみたい。これで、時計と服装を合わせたオシャレも楽しめるようになりますな。黒とオレンジの組み合わせ、かっこいいですね。

3色シリコンバンド

【追記1】女性にも良く似合うよ

女性はごつごつした時計を着けたくないという人が多いようで、「Activite Popを女の子が着けたらどんな感じ??」と聞かれたので追記。

女性が着けるActivite Pop

早速、頼まれてた方の時計を渡しました。左の Elegant Sand(アイボリーに近い色)を着けているのが身長158cmの女性で、右のShark Grey(黒)が私です。比較すると、女性の方が手首が細いので本体部分が大きく見えますね。スーツとかには合わないかもしれないけど、ビジネスカジュアル程度ならいけそうな気がします。

大きさのバランスの良し悪しは人それぞれなのですが、個人的には女性でも気にならないと思う。本体の大きさが気になる人の参考になれば。

【追記2】3色シリコンバンドも購入可能に

Amazon で3色シリコンバンドが購入可能になりました。(2015/09/19 時点)

three-colorful-pop-bands

実は、2015/8/25 から Amazon で取り扱いされていたのですが、全然気づかなかった…。この交換バンドにはオレンジとティールグリーン、プラムの3色入っています。カラフルですが、色味はやや暗めに抑えられています。で、早速オレンジバンドに交換したお。

orange band activite pop

かなり雰囲気変わります。自分のは Shark Grey(黒)で文字盤も黒みがかっているのでオレンジバンドとの相性も良いです。本音はプラムが一番好きな色だったのですが、全く似合わなかったのでやめました。

Elegant Sand (アイボリーに近い色)にはティールグリーンが良く合いそうです。この色味も抜群で明るすぎず暗すぎずといった具合です。

tealgreen band activite pop

実際バンドの交換もすごく楽なので、気分に合わせてバンドを変えてみてはいかがでしょうか。

関連記事