Withings Activite Popを1週間使ってみた感想。

Withings Activite Pop

Withings Activite Popを購入したので、「スマートウォッチはこれでしょ。やっと日本で発売されたWithings Activite Popを購入。」というレポートを書いたら「Withings Activite Pop」でかなりの数の検索流入がありました。

で、今回は1週間経って、改めて良かった点と悪かった点を述べていきます。

良かった点

まずは良かった点を。私目線の超主観で書いておりますので、個人差あることをご了承ください。

ちょうど良い大きさで邪魔にならない

Activité Popを女性が着けた場合

装着するとこんな感じになります。左が女性で右が男性です。この1週間、トレーニング時だけでなく、寝る時もお風呂の時も可能な限り着けてみました。もちろん仕事中も着けています。ごつごつしていないので、大きさに関しては邪魔になりません。

黒は汚れが目立たない

自分が買ったのは、Shark Grey(ほぼ黒)ですが、Elegant Sand(アイボリーに近い色)を買った人は、バンドの汚れがちょっと気になるそうです。わかりにくいですが、下のようにバンドが少し黒ずみます。

Elegant Sandのバンド

これだけ暑い日が続くと汗の量が半端ないので、四六時中着けている場合は汚れがつきやすいのかもしれませんが、Shark Grey なら目立ちません。デスクワーク中心になって仕事場にこもりっきりが嫌な自分は、隙間時間にトレーニングしたりジョギングしたりと汗をかくことが多いので、汚れが目立ちにくい Shark Grey でちょうど良かったです。

同期しなくても現在の活動量がわかる

1日あたりの目標歩数をアプリで設定すれば、文字盤の右下にあるメーターで目標の何%を現段階で達成しているのかを教えてくれます。100%を超えると再度0から始まります。

活動量を表示

Activite Popの機能ではないですが、Withingsのアプリでは目標歩数を超えるとバッジを表示してくれます。バッジは最近のヘルスケア系アプリの定番のようですね。

Withings バッジ

他にも、一定の歩数を超えると発行されるバッジがあります。これがモチベーション維持になるかと言われれば、たぶんならないと思う。

Withings バッジ

周りの評判は良い

打ち合わせとかにももちろん着けて行きます。スウォッチ風ですが、デザイン性は高いので違和感なしです。むしろ、「これいいですね」と男女問わず数人に言われました。特に女性からは「かわいい」という声をいただきまして、一瞬だけなら人気者になれるかもしれません。

その後の人気を継続できるかは知りませんよ。

悪かった点

ヘルスケアに特化している機能自体には不満はないのですが、プロダクトの質として改善されると嬉しい点があります。

バンドがムレる

シリコン製のリストバンドは、汗をかいたらムレムレです。猛暑日連発のこの時期は、バンドが手首周りに張り付きます。そして何よりもきついのが、睡眠時に装着している場合。
寝苦しい暑さだけでもきついのに、このムレバンドによって寝つきがさらに悪くなります。あまりに暑かったある夜、私は思わず外して寝てしまいました。

シリコン製に共通して言えることなのですが、別売りで良いので、睡眠時用のむれにくいバンドがあれば絶対買います。ただ、バンドの取り替えが簡単とは言え、毎日寝る前にバンドを変えるのはめんどくさいかも。

時間がずれる

頻繁にずれる人もいるようですが、自分は1度だけ20分ほどずれました。これが頻繁に起こる場合は、ほぼ時計の意味ないです。同期が不安定か初期不良を疑っても良いかもしれません。自分の場合は、1度ずれただけで、それ以降は正確な時間を指しています。

【追記】
これは後日談がありまして、時間のずれが頻出する機会に見舞われました。「ずれる」というキーワードでの来訪者も多いので、その際は「Activite Popの時間がずれてしまいました。不具合から交換承認までの経緯。」が参考になるかと思います。

アラームの振動では起きれない

製品紹介では「優しいバイブレーションによる目覚まし機能付き」とありますが、優し過ぎです。毎朝 5 時に起きていますが、一度もバイブで起きたことがありません。まだ蝉の鳴き声の方が起きれます。一応設定していますが、過度に信用し過ぎてはいけないレベルの振動なのでご注意ください。

ヘルスケアの意識を高めるにはちょうどいい

Activite Pop を着けるようになって、一番変わったのは目標歩数に届くように歩こうとする機会が増えたことです。ただ、無理はしないと決めているので、日常生活に支障のない範囲で行うようにしています。とはいえ、当初決めた目標を超えることが当たり前になると、徐々に当たり前の基準が上がって行きます。

自分は仕事上、デスクワーク 7 割、打ち合わせなどの外出 3 割ですが、追い込み期は籠りっきりになってしまいます。特にこれだけ暑いと尚更です。でも、Activite Pop を着けたこの 1週間で、自転車や徒歩で移動する回数が以前よりも少し増えました。普段使いに十分なデザイン性もあって、服装との相性を気にすることもないです。

ヘルスケア重視のスマートウォッチの選択肢としては十分なクオリティの製品ですよ。

関連記事