読書の秋にぴったりな Web 初心者にオススメの書籍

不定期で紹介している読書シリーズです。
自分は読書する時は電子書籍版がないと購入しません。なので、紹介する本は基本的に電子書籍です。だってその方が安いし、複数の端末にも配信できる。さらに読んだ箇所まで同期され、途中で別の端末に変えても続きからすぐに読めます。

Web関連の専門書とかになると、重くて大きいので移動中の電車内で読むのはなかなか辛いです。今はスマホもそれなりに画面が大きくなっているので電子書籍で読むのがオススメですよ。

今回は 初心者の Web デザイナーやフロントエンドやっている人、もっと勉強したいと思っている人に向けてオススメの書籍を紹介します。

Web制作者のためのCSS設計の教科書

これ、最近の超オススメ本です。

  • CSSをある程度理解している人(CSSはそれなりに書けると豪語している人)
  • CSSフレームワークを使ったことがある人
  • 複数人でプロジェクトを行っている(行う予定の)人
  • もっと詳しくCSSを理解したい人

上記のような方に読んで欲しい内容です。

先日、Wordbench大阪の「使いやすいWordPressテーマを作るために必要なCSSのつくりかた」に行ってきまして、そこでも熱く紹介されていました。オレオレな唯我独尊ルールでCSSを書くのではなくて、誰とでも共有できるCSSとなるように設計しましょうを主軸に話が展開されています。そのため、ある程度のCSSの知識があると話の流れが理解しやすいと思います。

で、なぜこれをオススメにしているかというと、CSSは扱いやすい言語だからです。例えば以下のような経験はありませんか?

  • 融通が利き過ぎてスタイルの優先順位の把握しにくい
  • 作成したコードが長くなり過ぎて見づらい
  • 後からスタイルの追加や修正がしにくい
  • 重複したスタイルを適用させている

個人レベルでも起こりうることですが、他人のコードを引き継ぐ時や共同で作業する時には発生しやすいです。これらを回避するために、「コーディングする前にルールを決める」ことが重要となり、その考え方や設計方法を本書は提示してくれています。
読んだ後の率直な感想は「初心者の時に出会いたかった」なので、ぜひ読んでみてください。

また、この著者の本は過去にも読んでいてHTML5+CSS3で作る魅せるiPhoneサイトという良本もあります。

ただ、この本は2年半前に発売されたものなので少し古いかもしれませんが、わかりやすかったと記憶しています。

沈黙のWebマーケティング - Webマーケッターボーンの逆襲 -

漫画仕立てで構成されていて、ストーリーをイメージしながら読み進めることができます。そして、大事なポイントは複数ページを使って紹介されていて、その解説もかなり丁寧に行ってくれています。

タイトルにはマーケティングとありますが、マーケッターに限定した内容ではありません。コンセプトの煮詰め方、分析の仕方、デザインの重要性などサイト制作に関する基礎的なことから、どうやって発展させていくのかまでを理解できているようになっています。

で、これは Web でもコンテンツが公開されているので、どんなものか知った上で購入するのも、Web だけで完結するのもアリです。

沈黙のWebマーケティング - Webマーケッターボーンの逆襲 -

HTMLとCSSで基礎から学ぶJavaScript

2011年の本なのですが、電子書籍化されました。Javascriptを一から体系的に学ぶには持ってこいで、自分が初心者の時に貪るように読んでました。JSでできることを一つずつ丁寧に解説し、ちょうど良いタイミングでjsの予約語一覧デバッグとエラーの違い、後半になるとアニメーションJSONも出てきます。初期に読む本としての完成度はかなり高いです。

で、実際 Javascript は Web 屋にとっては必須の技術です。特に今は jQuery などのライブラリを最初のうちにやってしまって、基本的な JS を知らない人もいます。つまり JS = jQuery のようになっているような感じ。

いきなり jQuery 本で進めてしまって、基本的な JS が分からないという方は、毎日2時間費やせば2週間程度で終わる内容なので、チャレンジしてみると良いです。

おまけ: 本気になればすべてが変わる 生きる技術をみがく70のヒント

この類の本はいつもは読みません。ですが、ある時、テレビで熱い松岡さんを拝見し、思わず購入してしまいました。そして、なぜこの本がオススメなのかですが、

勉強して挫折しそうな時にこそ読んで欲しい

この本を読んで「これやってみよう」と思う人もいるかもしれませんが、個人的には「始めるのに遅すぎることなんてない」とやる気がふつふつと湧いてくる、意識が高くなる類の内容だと思います。

目次を見て、今の自分に合った項をピンポイントで読むというのもありな気がします。


Web 関連の本は数も多くあり種類も豊富です。なので、どれを選んでよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。ですが、CSS や JS は多くの方が通る道だからこそ、概念や用語を押さえながら基礎を徹底的に理解できる書籍が一番だと思います。今回はおまけもありますが、初心者向けにそう言った観点で役立つ本を紹介させていただきました。ぜひ参考にしてみてください。

関連記事